BLOGブログ

2021年02月26日

外反母趾について   武庫之荘:整骨院

ケガ・治療





今回は「外反母趾」についてお話していきます。


外反母趾とは、、、


足の親指が人差し指の方に曲がった(外反)変形のことです。


 


外反母趾になると、親指の付け根が膨隆して内側が靴に当たったり


裏側に荷重がかかったりして痛みが起こります。


 


外反母趾の原因は、疾患、性別、遺伝、靴選びなど色々な要因がありますが


生活習慣が大きく関係してきます。


 


生活習慣による原因としては足の筋力の低下、姿勢の悪さなどがあげられます。


足の裏に足底筋膜という筋肉があり


その筋肉が低下することで足のアーチを崩してしまうことが多くあります。


姿勢が悪くなると、体の土台である足部にストレスがかかり


親指の変形を進めてしまいます。


 


当院では、リハビリスペースでの筋力upのトレーニングや


ストレッチも行えます、本来の重心に戻す骨格矯正(骨盤矯正・猫背矯正)のメニューもございますので、お気軽にご相談いただければと思います。


武庫之荘 くわえ鍼灸整骨院





くわえ鍼灸整骨院

RESERVE・CONTACT

ご予約・お問い合わせ

※保険診療も予約優先制ですが
 予約なしのご来院でも施術は可能です。
(予約がない場合はお待ちいただくことがあります)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-4977-5486

友だち追加

友達追加でお得な特典あり